銀河鉄道の夜アプリを広めるためにいろいろやっています。

こんばんは。VyseArt(ヴィシェアート)のトナカイです。

 

 

いきなり余談ですが、現在「偽装不倫」という杏さん主演の番組がありまして、そこで

銀河鉄道の夜のデザインの指輪が出てくるそうです。先ほどたまたまテレビつけたらその指輪が登場してました。

 

賢治という名前の役も出てきますし、かなり宮沢賢治が使われていますが、内容としては宮沢賢治の描く世界とは程遠いよねってデザイン担当の小海と話してました。

 

えーと、話を戻します。

==

 

現在、8月末に配信したアプリ「銀河鉄道の夜 宮沢賢治 ~もうひとつのストーリー~」を広めるためにいろいろとやっています。

 

デザイン担当の小海も一緒に考えてくれて、、というかかなり頑張ってプロモ動画作ったりなど、いろいろとやってくれています。

 

アプリはこちら↓

play.google.com

 

それで、今後の活動の指標とするためにも、現在の活動をメモしておいて進捗を追ったりできればいいなと思いブログに書いている次第です。

 

新作スマホゲームを出すときにプレスリリースを送りたいゲーム系メディア17選! | PR Table Blog

このサイトに、プレスリリースを出せるサイトが載っていて、できる限り送ってみました。このサイトからは8件送り、そのあと小海が2件見つけて送ってくれたの10件ほどプレスリリースを送ったのが先日2019年9月1日でした。

 

それで反響はというと、SQOOL.NET編集部さんから翌日返信が来て、なんと本当にプレスリリース記事にしてもらいました!!

 

↓プレスリリース記事はこちら

 

sqool.net

 

正直実績のない個人開発者なのですが、初めてこういったメディアに乗せてもらい、やってみるもんだなぁという感じです。

 

ちなみにこの記事を書いているのが9月4日でプレスリリース記事を送ってから3日たっていますが、まだこの1社以外からは返信が来ておりません。

 

 ↓喜びのツイート

 

今日は小海がYoutube動画を作ってくれて、アップしました。

 

youtu.be

 

かなり良い出来で、Youtubeのキャプチャ画面がご覧の通り、カンパネルラのセリフで止まっているところなど技ありですごいなと思います。

 

そのほか、いろいろやっている(このブログもそうなのですが)こともあり、これから計画している宣伝方法などもあります(今は秘密です)。

 

銀河鉄道の夜アプリを広めていろんな人にプレイしていただけたら嬉しいです^^

 

カンパネルラが死んでしまうのが小説の終わり方ですが、このゲームではカンパネルラが生き延びるエンドを見ることができます。

 

ジョバンニのほかにプレイヤーが主人公となって、美しいイラストや音楽とともに、賢治の世界をご覧いただければ幸いです。

 

銀河鉄道の夜の考察もどうぞ。

 

以上

「銀河鉄道の夜」考察

宮沢賢治研究①

 

銀河鉄道の夜」考察

ゲーム「銀河鉄道の夜」~もう1つのストーリー~ 3つのエンディングに至るまで

 

アプリはこちら↓

play.google.com

 

  1. 物語の背景にある賢治の思想

 

賢治の創作した数々の物語には、それぞれに共通する賢治の思想や想いが込められていることが窺えます。

 

今回の題材である「銀河鉄道の夜」においても、そのような賢治の特徴的な思想が所々にちりばめられていることに作品を読むと気づくことができます。

 

まず、賢治の物語において外せないテーマの1つが「人間と自然の関係性」です。

 

賢治は自然が溢れる土地で生まれ育った影響か、鉱物採集が好きだったというのは有名な話で、

 

生み出された物語には美しく、親しみのあるような自然の描写が多く見られます。

 

そのような、生き生きとした自然描写には引き付けられるものがあります。

 

f:id:odekakeneko:20190831214959j:plain

自然


  しかし、それとは反対に、賢治の作品には「自然の脅威」も同時に描かれています。

人間がどのように自然と関わり生きていくかという大きな課題が時代背景とともにありました。

 

他の作品では、自然の脅威への対策として、人間の智恵を持って生み出された科学の介在など、現代にもつながるような深いテーマが盛り込まれています。

 

 もう1つのテーマとして「自己犠牲」というキーワードが挙げられます。

 

注意するべき点は、この「自己犠牲」というキーワードは、賢治の考察において頻繁に使用される言葉でありながらも、賢治自身が発信していた言葉ではありません。

 

賢治の作品には他人のしあわせを願って献身的に行動する、その結果として命を落としてしまうというような登場人物が度々描かれています(銀河鉄道の夜のカムパネルラもそうですね)。

 

このような描写は戦時下の心理教育として用いられていた事実があり、これを踏まえて、賢治の思想は危険な思想であると批判する論者もいます。

 

しかし、本当にそれらを同一に捉えて良いのでしょうか。

 

もう一度、慎重に考察する必要性があります。

 

結論から述べると、両者には明確な違いがあります。

 

賢治の物語の対立軸として描かれていたのは「人と自然」であること、人と人との争いによって命を落とすということではないということです。

 

むしろ賢治は世界が一つになること、人はみな兄弟なのだからひとりだけを祈ってはいけないということを「農民芸術概論綱要」の中で述べています。

 

「自己犠牲」というキーワードで括ってしまうと両者を混同してしまいがちですが、このような繊細なテーマに関しては、賢治の根本的な思想に立ち返って考えてみることが大事だと言えます。

 

 

  1. もう1つのストーリー

 

前述した内容を踏まえて、この度リリースしたゲームを制作しました。「銀河鉄道の夜」原作の結末は、カムパネルラ(ゲーム中の表記はカンパネルラとしてあります)の死を窺わせるような内容となっています。

 

この物語を読むことで、カムパネルラの死に関わる背景や原因を読者に考えさせる意図が作者の賢治にはあったといえます。

 

「なぜカムパネルラは死んでしまったのか?」その問いかけへの答えとしてゲームでは3つのエンディングを用意しました。

 

宮沢賢治を研究している方から初めて作品に触れる方、子どもから大人まで幅広い方に遊んで頂ければ幸いです。

 

2019.8.31 VyseArt

銀河鉄道の夜 宮沢賢治 ~ もう一つのストーリー ~プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

(個人情報保護方針)

私たちは、個人の重要性を認識し、その保護の徹底をはかるため、このプライバシーポリシーを公開し、ユーザーのプライバシー保護に最大限の注意を払うことをお約束いたします。

 

1.個人情報の取得

銀河鉄道の夜 宮沢賢治 ~ もう一つのストーリー ~(以下、当アプリ)は、広告表示のために通信を行いますが、個人の特定に使用するものではありません。

 また、ユーザーのニックネームとパスワードを取得し、ゲーム内でその名前を使用しますが、それ以外の目的のために使用することはございません。

 

2.個人情報の第三者提供について

私たちは、お客様が入力された情報(ニックネーム)をゲーム内に登場させることがあります。ただし、ゲーム外でお客様が入力された個人情報を意図的に流出させることは決してありません。また、意図せず流出しないよう細心の注意を払います。

登録されたニックネームを削除したい場合は、お手数ですが、グーグルプレイコンソールに設定されております連絡用メールアドレスまでご連絡をください。 

 

3.個人情報の管理について

当アプリは、ユーザー様の個人情報を特定することはありませんが、アプリのダウンロード、使用に関しましては自己責任でお願いいたします。

 

当アプリのユーザー管理は、「ニフクラ mobile backend」を利用しています。

 

4.広告の配信について

当アプリは第三者配信の広告サービス「Google AdMob グーグルアドモブ」を利用しています。

 

5.免責事項

当サイト、当アプリで掲載している画像の著作権は各権利所有者様に帰属いたします。

権利を侵害する目的はございません。アプリの内容や使用画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、ご対応させていただきます。

 

当サイト、当アプリからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、異動先サイトで提供される情報、サービス等についての一切の責任を負いません。

 

当アプリの使用によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 

以上。

現在作っているゲーム 銀河鉄道の夜

こんばんは。VyseArt(ヴィシェアート)のトナカイです。

 

久々にこのブログのアクセス解析を見たら、少ないけど0人ではないことに嬉しくなりました。

 

寝る前にスマホからブログを書いている次第です。

 

現在作っているゲームは、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」ゲームです。

 

相方のデザイン担当が良いイラストをたくさん描いてくれて、素材は整いつつあります。

 

銀河鉄道の夜のストーリー通りに話は進んでいくのですが、終盤はアナザーストーリーということで話が分岐するように作ってます。

 

ノベルツールはユニティの「宴」というアセットを使用していて、数ヶ月前に8千円強で購入して使っているのですがとても使いやすいです。日本人の方が作られているので日本語のサポートがわかりやすくかつとても丁寧で、質問するとだいたいその日のうちか次の日くらいに返信が来ます。セールで半額などもたまにやっていいますしそれを狙うのもいいかもしれません。

もう「宴」なしでノベルパートを作るなんて考えられないです。

 

話は変わりますがUnity一週間ゲームジャムご存知でしょうか。

7月に始まってもう終わった回は「あつめる」というテーマでした。私たちヴィシェアートも「 ほたるひよこあつめ」というゲームを出してますので良かったらプレイして欲しいです。

 

その前の4月ごろにあった回は「つなげる」というテーマでして、その回に私たちは初参加をして「銀河を駆け抜けるタワーディフェンス」というゲームを作りました。

 

(この銀河、という連想から銀河鉄道の夜の制作はきまりました。もちろんその他の理由もあって宮沢賢治には縁がありますが。)

 

その時の「つなげる」の回に出たgunsturn.appさんという方の、illustchainerというゲームがアプリ化されて三ヶ月ほどたち、現在大ヒットして無料アプリの1位の座にもつきました。

 

本日のツイッターをみたら、現在iOSだけで30万ダウンロードされたということで、ガンズターンさん本当におめでとうございます。

 

何が言いたかったかというと、個人アプリでヒットするゲームを作るにはどうしたらいいんだろうということを少し考えているのですが、個人で作るには企業では作れない分野を行くのがいいのではということです。

 

企業向けゲームの特徴や長所

壮大なファンタジーゲーム

大規模オンライン

長期大人数開発

開発費大

収益性大

 

個人開発向けゲームの特徴や長所

カジュアルゲーム

小規模開発

機敏さ

順次修正(リーン方式という言葉があったような?)

 

あまり列挙できませんでしたがガンズターンさんのイラストチェイナーは一週間ゲームジャムで生まれたものなのでほぼ一週間で作られたものでしょうし、この三ヶ月色々な逐次修正をされているのも、ツイッターをみたりゲームを遊んでいるとわかります。

 

あともう一つ、たくさんプロトタイプのアプリを出せばいいという意見がありますが、イラストチェイナーの完成度は最初からとても高かったですし、デザイナーの方のイラストもとても素敵てクオリティ高いと思います。やはり個人開発でもデザインのクオリティは大切だと思う。

 

(相方いつもありがとうございます!)

 

そんなわけで今製作しているアプリはそれなりの完成度を目指していまして、デザイン担当の相方が作ってくれた素材を「宴」で使用して良いノベルパートを作ろうとしています。

 

ゲームパートも銀河鉄道の夜らしく、宇宙が舞台で汽車が走るようにしています。

 

宮沢賢治銀河鉄道をカジュアルにして、個人なりに高い完成度で提出したいです。

 

配信した時はまたどうぞよろしくお願いします。

 

以上です。

トナカイ

 

ほたるひよこあつめプライバシーポリシー

プライバシーポリシー

(個人情報保護方針)

私たちは、個人の重要性を認識し、その保護の徹底をはかるため、このプライバシーポリシーを公開し、ユーザーのプライバシー保護に最大限の注意を払うことをお約束いたします。

 

1.個人情報の取得

ほたるひよこあつめ(以下、当アプリ)は、広告表示のために通信を行いますが、個人の特定に使用するものではありません。

 また、ユーザーのニックネームとパスワードを取得し、ゲーム内でニックネームを使用し、ランキングを取得するために通信を行います。こちらに関しましても、個人の特定に使用するものではありません。

 

2.個人情報の第三者提供について

私たちは、お客様が入力された情報(ニックネーム)をゲーム内に登場させることがあります。ただし、ゲーム外でお客様が入力された個人情報を意図的に流出させることは決してありません。また、意図せず流出しないよう細心の注意を払います。

登録されたニックネームを削除したい場合は、お手数ですが、グーグルプレイコンソールに設定されております連絡用メールアドレスまでご連絡をください。 

 

3.個人情報の管理について

当アプリは、ユーザー様の個人情報を特定することはありませんが、アプリのダウンロード、使用に関しましては自己責任でお願いいたします。

 

当アプリのユーザー管理は、「ニフクラ mobile backend」を利用しています。

 

4.広告の配信について

当アプリは第三者配信の広告サービス「Google AdMob グーグルアドモブ」を利用しています。

 

5.免責事項

当サイト、当アプリで掲載している画像の著作権は各権利所有者様に帰属いたします。

権利を侵害する目的はございません。アプリの内容や使用画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、ご対応させていただきます。

 

当サイト、当アプリからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、異動先サイトで提供される情報、サービス等についての一切の責任を負いません。

 

当アプリの使用によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 

以上。

【Unity】Texture2DをEncodeToJPGしてmBaaSに無事に送る方法

こんにちは。VyseArtプログラム担当のトナカイです。

 

今回はタイトルの件ではまってしまい、無事に脱出できたのでメモとして残しておきます。

 

現在、アンドロイド端末のギャラリーから画像を取得して、その画像をmBaaSに無事に送信するというコードを作っています。

 

そこで躓くのが、(無料のプラグインで)(ギャラリーから)取得したTexture2D型のテクスチャ(画像イメージ)をmBaaSに送るときにどうしても送れないという状況でした。

 

原因ですが、ギャラリーから取得した画像が、読み書き不可(isReadable=false)とういのがデフォルトで決まっているためです。

そのため、EncodeToJPGやそのあとのmBaaSに送信するコードがうまく通らず、0バイトの画像がmBaaSにたびたび送られました。

 

UnityエディタのImportSettingsで(AdvancedのReadandWrite)に手動でチェックを入れれば、画像テクスチャは無事(EncodeToJpgなどできてバイト配列にし)mBaaSに送れるのですが、Androidのギャラリーから取得したテクスチャはスクリプト上のものなので、Unityエディタ上の読み書き設定を変更することがどうしてもできませんでした。

 

解決方法は、下記のサイトからできました。

 

https://stackoverflow.com/questions/44733841/how-to-make-texture2d-readable-via-script

 

このサイトの下部にあるメソッドを使い、要は取得したテクスチャをTexture2D型で新たに生成して、その際にisReadableをTrueに設定して生成をしました。

 

すると、無事コードの続きEncodeToJPGができ、それをmBaaSに送信するコードも通り、目的を達成することができました。

 

以上です。

トナカイ

 

ゲーム研究 エッグファーム グローバルギア

こんばんは。VyseArtのプログラム担当トナカイです。

 

私たちの目指すゲームというのが、グローバルギアさんやヒットポイントさんのゲームでして、ちょこちょここれらのゲームをプレイしています。

 

プレイするだけでは勿体無いので、所感や考察をブログに書き残そうと思いました。

 

今回やったゲームは、グローバルギアさんの「エッグファーム 」です。

 

f:id:odekakeneko:20190421231644p:image

たまごをドラッグして同じたまごをつなげていくと、たまごが進化して次の種類のたまごになる。それを繰り返して、希少なたまごを作っていくというゲームです。

 

このゲーム、レビューにもありましたが、暇つぶしとしてはかなり面白くハマりました。

 

主にプログラムの視点で考察していきたいと思います。

 

まず基本的に、ゲーム画面に広告はありません。たまごが進化して、新しい鶏が生まれた、などのイベントの後に、インタースティシャル広告が挿入されるくらいです。また、動画を視聴すると、マザーにわとりがたまごをわっとたくさん産んでくれるチケットを手に入れることができます。

 

このチケットですが、最初10枚あったのですが、もう残り1枚になりました。動画視聴必死、という感じで、良い利益率のゲームだなと思います。単価でいうと感覚50円程度/1DLという感じです。

 

==

 

 

 

評価は5段階中4.1で255件の評価とあって、グローバルギアさんの中では少ない評価数だと思います。

 

可愛いイラストとSE(ニワトリがたまごを産むポンッ)、放置ゲームなのにテンポよく出てくるたまご、ドラッグミスしても何もお咎めなしの気軽さ、たまごが繋がる楽しさなどユーザーを楽しませる点が高く、こんなシンプルなゲームでここまでユーザーを楽しませるのはすごいなと思いました。ちなみにオンラインプレイ要素はありません。

 

 

 

 

==

 

 

プログラムに関しては、和尚本の放置ゲームにかなり類似していると思います。それに加えてたまごが繋がり鶏になるという要素をちょっと加えた程度。大まかですがリリースが現在から二年前、つまり2017年頃なので、和尚本「Unityの寺子屋」が出た前後(もしかして読んだ?)と同じでした。

 

和尚本では「徳」というボールをpointerdownで触れれば得点がたまり、一定量の得点で背景の家がグレードアップするというものでした。

 

このエッグファームでは、一定時間にマザーにわとりがポンポン卵を産んでいくのですが、そのたまごをドラッグでつなげてたまごをタップ(3回)するとたまごが割れてにわとりが出て得点がたまります。たまごをつなげた時も得点がたまります。それらの得点が十分になれば、にわとりが次のレベルのたまごを生むようになり、家がグレードアップします。

 

にわとりがたまごを産むギミックですが、和尚本と同じくInstantiateですね。それが、random.rangeでランダムに出現する際にDoTweenでたまごの出所から軌跡を描いて着地します。

 

 

各卵には和尚本のorbmanagerなるeggmanagerがアタッチされていて、たまごの種類がenamで定義されていて変数eggkindがあると思われます。あと卵にはコライダも付いてますね。

また、たまごがフィールド上に出てきた時(ユーザーがタップorドラッグ前)はたまごが重なっても繋がらない(反応しない)ので、ドラッグ時にブール値で制御してると思われます。

 

インターフェイスでドラッグ操作を可能にして、たまごが衝突した時に、アニメーション(この辺詳しくわからない)と片方のたまごをdestroyして一つのたまごにしてスプライトをチェンジします。eggkindもチェンジするので、スプライトをチェンジするよりは二つのたまごどちらもdestroyして新しくInstantiateしてる?のでしょうか。どちらかといえば前者の方っぽい動きをしています。

 

 

 

 

==

 

 

 

同じ種類のたまごが近くに(ドラッグで)なると、ドラッグされた方のたまごがもう一方に近づいていって自動的につながります。

 

これは当たり判定を計算で行なっていると思います。北村愛実さんの猫本(Unityの教科書)にありました。弓矢と猫のゲームの章でvector2のtransform.positionと相手のそれの差をdir変数に格納して、dir.magnitudeが一定幅以下になるとたまごが相手のたまごへ動き出すようにしているようです。

 

 

何か色々と勉強になりました。アニメーションなどユーザーが楽しいと感じる工夫が散りばめられており、グローバルギアさんのゲームは是非とも真似していきたいと思っています。

 

本日は以上です。おやすみなさい。

トナカイ